The nose sighting station was operated by the. One of the most frequently discussed arguments to come out of World War II is which was the “better” bomber, the Boeing B-17 Flying Fortress or the Consolidated B … AAF-contracted modification centers and its own air depot system struggled to handle the scope of the requirements. A B-29 with the original Wright Duplex Cyclone powerplants was used to air-launch the famous Bell X-1 supersonic research rocket aircraft, as well as Cherokee rockets for the testing of ejection seats.[78]. Seven RTAF Nakajima Ki-43 Hayabusas from Foong Bin (Air Group) 16 and 14 IJAAF Ki-43s attempted intercept. The type was retired in the early 1960s after 3,970 of them had been built. The U.S. Army Air Corps requires a state-of-the-art high-altitude bomber with a max speed of 350 mph, multiples of B-17 開発時は「B-4」と呼ばれていたが、1949年に量産が開始されるとツポレフTu-4(NATOコードネーム:ブル)と名付けられた[344]。, Tu-4のエンジンはソビエト製のシュベツォフ ASh-73が搭載されたが、エンジンの出力はB-29搭載のライト R-3350に劣るものではなく、最高速度558km、巡航速度435kmの高速飛行が可能であった。搭載の機関砲についてはB-29の12.7㎜機関砲に対してNS-23機関砲(口径23㎜)を搭載しており、B-29より打撃力は高かった[345]。, 1947年8月3日にモスクワで行われた航空記念日パレードで初披露されたTu-4はその後もエンジンやプロペラなどの改良が行われ、1949年半ばには戦略爆撃機として本格的に運用された。一部の機体には空中給油設備や翼下に追加の燃料タンクが設置されて、アメリカ本土爆撃ができるよう航続距離の延伸がはかられ、核爆弾が搭載できるように改修された。Tu-4Aはソ連初の核爆弾RDS-1の投下用に開発された最初の航空機であった[346]。ソ連初の無人航空機(無人標的機)であるLa-17(英語版)を翼下に懸吊したTu-4NMやKS-1 コメット空対地ミサイル(英語版)の発射母機であるTu-4Kも開発され[347]、のちにKS-1コメット空対地ミサイルから、12キロトンの核弾頭を搭載したFKR-1ミサイルが開発された[348]。一方、アメリカ空軍はTu-4にアメリカ本土への攻撃能力があることを理解してパニックに陥り、レーダーや地対空ミサイルなどの防空設備の開発を急ぐこととなった。また、アメリカ人はB-29のあからさまなコピーであることを揶揄し「ボーイングスキー」と呼んだという。, 1952年までに847機ないし1,300機が製造されたが、1954年にはより先進的なTu-16に置き換えられた。爆撃任務を外れたTu-4のうち300機は空挺部隊用の輸送機に改修され、空挺部隊のパラシュート降下や物資投下に使用された。また1部の機体は練習機や実験機として利用された。ツポレフはTu-4を基礎にして旅客機Tu-70も開発したが、量産はされなかった。, 1953年にスターリンはTu-4を中華人民共和国にも供与し、1956年3月29日にカム反乱でチベット人住民や僧侶が籠城するリタンの寺院への爆撃で2機のTu-4が初めて投入され、当時住民は飛行機を見たことがなかったために「巨大な鳥」が接近しているように見えたという[349][350]。1機はKJ-1として早期警戒機にされて1980年代まで中国人民解放軍で運用された[351]。, 型名末尾のアルファベット二文字は製造工場コード(Production facility code)。生産型のうち記号無しの機種は複数の工場で製造され、記号付きの機種は該当する工場でのみ製造されたことを示す。, 出典:牧英雄「開発と各型」『ボーイングB-29』No.52、文林堂〈世界の傑作機〉、2002年2月5日、1995-5版第3刷、17-24頁。, アメリカ軍では航空機の機体前部にノーズアートを描く風習が他の国の空軍より盛んであった。第二次世界大戦の末期には高い技術水準に達していたが、B-29の長くて滑らかな機首はノーズアートを描くには格好の環境であり、さまざまなノーズアートが描かれた。軍が公式に許可していたわけではないが、絵がまともであれば爆撃兵団の上層部が認め、アメリカ軍は黙認していたというのが実態である。ノーズアートを描くのは看板職人をしていた兵士であり、公務の傍ら任務時間外に腕をふるった。報酬は60ドルから100ドルぐらいで、その報酬はクルーらが出し合った。腕のいい看板職人の兵士には依頼が殺到し、1飛行隊全機の依頼が舞い込み、2時間ぐらいの作業で1,000ドル稼ぐことができたという[358]。特に好まれたのが“なまめかしい”女性のノーズアートであり、当初は爆撃兵団の上層部も最低限の品性を備えていれば容認していたが、次第に過激な表現となってきたため、終戦の直前には従軍牧師が道徳的に問題があると騒ぎだして、女性のノーズアートはシンプルで品のいいシンボルや無機質な文字のノーズアートに差し替えられた[359]。ノーズアートは主に機体の左側に書かれるため、B-29の公式な報道写真などは右側から撮影されることが多かった。第二次世界大戦が終わっても、依然として機体左側には無味乾燥なノーズアートが多かったが、機体の右側にもノーズアートが描かれるようになり、また、なまめかしい女性のノーズアートも復活し、特に朝鮮戦争開戦後に盛んとなった。この頃のノーズアートを主に描いたのはアメリカ軍の看板職人の兵士ではなく、B-29航空団の基地があった嘉手納飛行場や横田基地周辺の本職の日本人看板屋であった[359]。, 第468爆撃団 第794飛行隊所属「Gallopin' Goose」号のノーズアート、まだ初期のものでシンプル。本機は1944年12月7日満州奉天の爆撃任務で日本軍二式戦闘機「鍾馗」によって撃墜された, 第497爆撃団 第869飛行隊所属「Skyscrapper」号のノーズアート。本機は1944年11月27日サイパンへの日本陸海軍機空襲にて地上で撃破された, 第497爆撃団 第73飛行隊所属「Waddy's Wagon」号と、そのノーズアートを再現する乗員達。本機は1945年1月9日の任務で損失, 第468爆撃団 第793飛行隊所属「Dragon Lady」号のノーズアート。ノーズギアの格納部に「100フィート以内は禁煙」の文字も見える, 第498爆撃団 第874飛行隊所属「Fay」号のノーズアート、本機は1945年3月25日名古屋にて撃墜された, 第500爆撃団 第883飛行隊所属「Supine Sue」号のノーズアート、本機は映画「火垂るの墓」に登場している, 第497爆撃団 第869飛行隊所属「scrapper」号のノーズアート、B-29のノーズアートしては珍しい「シャークマウス」, 長崎に原爆を投下した「ボックスカー」のノーズアート。これは原爆投下後に描かれており、原爆投下任務時にはノーズアートはなかった, 広島に原爆を投下した「エノラ・ゲイ」のノーズアート。中央でパイプをくわえているのが指揮官のポール・ティベッツ, 第二次世界大戦後(1950年)機体の右側に描かれた「To Each His Own」号のノーズアート, 照準器からの目標への方位角や仰角、目標からの距離、目標の相対速度のデータをアナログ・コンピューターに入力された後に修正された方位角や仰角のデータが出力されて各銃塔に送られる。, 2017年6月16日毎日新聞西部地区夕刊「八幡空襲 73年前、空襲翌日の八幡 北九州市が写真発見」, 公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成9年5月 第31号 P.2, 公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成9年5月 第31号 P.9, 20 ㎜機銃で武装した96式小型トラックをグライダーで沖縄のアメリカ軍飛行場に降下させて、飛行場のアメリカ軍機を攻撃するという作戦, 公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会『機関紙 特攻』平成17年8月 第64号 P.36, According to the USAAF Statistical Digest for WWII: p. 261 table165, 第一二章 名古屋空襲 第三節 市街地空襲 1・3初の市街地空襲 - 名古屋市 p3, 第一二章 名古屋空襲 第三節 市街地空襲 1・3初の市街地空襲 - 名古屋市 p4, 横浜市史資料室 横浜の空襲と戦災関連資料 5月29日の被害者数『横浜の空襲と戦災』(第3巻・公式記録編), 2017年6月10日西日本新聞「投下9分前 幻の空襲警報 軍が「原爆搭載機」察知 退避命令はさく烈直後」, 2004年7月28日長崎新聞「60年目の検証 =原爆戦災誌改訂へ 退避勧告 本当に連絡あったの」, 2018年8月15日毎日新聞東京朝刊「余録 こちらは毎日 B29や艦上爆撃機 戦闘機などが縦横むじんに…」, Losses due to Enemy Action on Combat MissionsとNon-Enemy Action on Combat MissionsでEnemy ActionはAir to Air、Ground Fire、Cause Unknown。Non-Enemy ActionはOther Losses、Missing or Unknown Causeである。, According to the USAAF Statistical Digest for WWII: p. 261, Summary of XXI Bomcom Missions/Resume 20th Air Force Missions, 「第302海軍航空隊戦時日誌 自昭和20年5月1日至昭和20年5月31日」5月25日, うちロバート・W・ネルソン中尉とアルギー・オーガスト曹長の2名は捕虜となったが、後日、大阪陸軍刑務所で取り調べ後に処刑されている, According to the USAAF Statistical Digest for WWII: p. 310, p. 261, p. 209, 「Air Force Fifty」Air Force Association (編)Turner Pub Co P.10, 搭乗員は不時着し日本人と遭遇した際に備え、日本円や土産用のアメリカ製腕時計なども携帯していた。, 2015年12月12日産経新聞「B-29元搭乗員、直方の墜落現場へ 救護の住民らと再会 福岡」, 2014年9月17日付産経新聞web版記事『「自分だけを死刑に処せ」とGHQに挑んだ岡田中将の“法戦”』. Tupolev Tu-4: Soviet Superfortress. USAF Statistical Digest FY1953, "The Pains of the Post-War V-VS and the Birth of the Soviet Jet Flight", "It wasn't easy, but B-29 Doc takes to Wichita skies", Department of Defense, Narrative Summaries of Accidents Involving U.S. Nuclear Weapons, 1950–1980, "Lewiston Morning Tribune - Google News Archive Search", https://aviation-safety.net/wikibase/wiki.php?id=159949, "The Cannons on the B-29 Bomber Were a Mid-Century Engineering Masterpiece", https://web.archive.org/web/20120704192927/http://www.rafwatton.info/History/TheWashington/tabid/90/Default.aspx, "Great Engines and Great Planes", 1947 – 130 page book about the rapid design, testing, and production of the B-29 powerplant by Chrysler Corporation in World War II, https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Boeing_B-29_Superfortress&oldid=1001221799, Atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki, World War II bombers of the United States, Short description is different from Wikidata, All Wikipedia articles written in American English, Articles with unsourced statements from September 2010, Articles with unsourced statements from July 2017, Articles needing additional references from September 2017, All articles needing additional references, Articles with unsourced statements from August 2016, Creative Commons Attribution-ShareAlike License, 5,000 lb (2,300 kg) over 1,600 mi (2,600 km; 1,400 nmi) radius at high altitude, 12,000 lb (5,400 kg) over 1,600 mi (2,600 km; 1,400 nmi) radius at medium altitude, 20,000 lb (9,100 kg) maximum over short distances at low altitude, Could be modified to carry two 22,000 lb (10,000 kg), The Silverplate version delivered the first. Serikov.[77]. [15] Boeing received an initial production order for 14 service test aircraft and 250 production bombers in May 1941,[16] this being increased to 500 aircraft in January 1942. Doc made its first flight in 60 years from Wichita, Kansas, on 17 July 2016. As many as 1,000 Superfortresses at a time bombed Tokyo, destroying large parts of the city. This page was last edited on 18 January 2021, at 19:40. Each was large enough to eventually accommodate a bomb wing consisting of four bomb groups, giving a total of 180 B-29s per airfield. 5 1983, pp. Pilot Charles Sweeney credits the reversible props for saving Bockscar after making an emergency landing on Okinawa following the Nagasaki bombing. Following the surrender of Japan, called V-J Day, B-29s were used for other purposes. Brown, J. Due to the damage sustained, the crew elected to divert to the Soviet Union. "Black and Silver: Perceptions and Memories of the B-29 Bomber, American Strategic Bombing and the Longest Bombing Missions of the Second World War on Singapore". The Silverplate bombers differed from other B-29s then in service by having fuel injection and reversible props. As efforts were made to eradicate the problems a succession of engine models were fitted to B-29s. [27], In wartime, the B-29 was capable of flight at altitudes up to 31,850 feet (9,710 m),[28] at speeds of up to 350 mph (560 km/h) (true airspeed). Bockscar is on display at the National Museum of the United States Air Force. [7], In response, Boeing began work on pressurized long-range bombers in 1938. [55] In all, five major airfields were built: two on the flat island of Tinian, one on Saipan, and two on Guam. [34], In early 1945, Major General Curtis Lemay, commander of XXI Bomber Command—the Marianas-based B-29-equipped bombing force—ordered most of the defensive armament and remote-controlled sighting equipment removed from the B-29s under his command. Johnson, Robert E. "Why the Boeing B-29 Bomber, and Why the Wright R-3350 Engine?". [64] Both aircraft were placed in storage in 1956 and were sold for scrap in 1957. Boeing B-17G Flying Fortress Consolidated B-24D Liberator Wright R-3350-57 Cyclone Engine Cockpit360 Images View the B-29 Pilot Station View the B-29 Bombardier Station View the B-29 Radio Operator Station Lecture American post-war military assistance programs loaned the RAF enough Superfortresses to equip several RAF Bomber Command squadrons. [24][25][26], The most common cause of maintenance headaches and catastrophic failures were the engines. This was its best defense, because Japanese fighters could barely reach that altitude, and few could catch the B-29 even if they did attain that altitude. [6], Before World War II, the United States Army Air Corps concluded that the Boeing B-17 Flying Fortress, which would be the Americans' primary strategic bomber during the war, would be inadequate for the Pacific Theater, which required a bomber that could carry a larger payload more than 3,000 miles. Perhaps the most important tests were conducted by the XB-29G; it carried prototype jet engines in its bomb bay, and lowered them into the air stream to conduct measurements. [46] The first B-29 combat losses occurred during this raid, with one B-29 destroyed on the ground by Japanese fighters after an emergency landing in China,[47] one lost to anti-aircraft fire over Yawata, and another, the Stockett's Rocket (after Capt. ただし、20ミリ機関砲は作動不良や給弾不良などの不具合が多く、また、12.7ミリ機銃とは弾道特性や有効射程が異なるために照準上の問題があり、実戦投入後に撤去している機体が多い。現地改造で20ミリ機関砲を12.7ミリ機銃に換装した機体もあり、尾部銃座が12.7ミリ機銃3連装となっている機体が存在する。, 機体各所の連装12.7ミリ機銃の銃塔はそれまでの有人型と異なり中に人が入らなくてもよいため、高さの低い半球形となり、 The USAF also used the aircraft for long-range weather reconnaissance (WB-29), for signals intelligence gathering (EB-29) and photographic reconnaissance (RB-29). Il Boeing B-17 Flying Fortress (conosciuto anche come Fortezza volante) è un bombardiere pesante quadrimotore sviluppato negli anni trenta impiegato principalmente dalle United States Army Air Forces nelle campagne di bombardamento strategico diurno contro bersagli tedeschi di tipo industriale, civile e militare durante il secondo conflitto mondiale. Although less publicly appreciated, the mining of Japanese ports and shipping routes (Operation Starvation) carried out by B-29s from April 1945 reduced Japan's ability to support its population and move its troops. The phase-out was occasioned by deliveries of the English Electric Canberra bombers. [36] That version could also have an improved APQ-7 "Eagle" bombing-through-overcast radar fitted in an airfoil-shaped radome under the fuselage. Manufacturing the B-29 was a complex task. [62], Although considered for other theaters, and briefly evaluated in the UK, the B-29 was exclusively used in World War II in the Pacific Theatre. Propeller:HAMILTON STANDARD C.S.、Blade:No.6521A-6 (×4)、Diameter:16ft 7in (5.05m)、Area:20.07m, 搭載可能燃料は機体内燃料タンクに6,803gal (25,752ℓ)、爆弾槽に1,333gal (5,046ℓ)の合計9,363gal (35,443ℓ), 搭載可能燃料は機体内燃料タンクに6,590gal (24,946ℓ)、爆弾槽に2,560gal (9,691ℓ)の合計9,150gal (34,637ℓ), 日本記者クラブ 2016年03月15日 映像作家 アリ・ビーザー氏 「原爆機乗員の孫がヒバクシャを訪ねて」, 「広島・長崎原爆放射線推定方式 DS02 の背景と総括」広島国際学院大学 葉佐井 博巳, 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー 朝日新聞社編「超空の要塞の正體」昭和二十年一月十五日発行, COMBAT CHRONOLOGY OF THE US ARMY AIR FORCES, Japanese Special Operations Suicide Attack on Yontan Airfield Okinawa, "United States Strategic Bombing Survey Summary Report (Pacific War)", 総務省 一般戦災死没者の追悼 国内各都市の戦災の状況 鹿児島市における戦災の状況(鹿児島県), https://archive.org/details/ArmyAirForcesStatisticalDigestWorldWarII, B-29-45-BW Superfortress Serial Number 42-24754, Aircraft Serial Number Search USAF (also USAAC, USAAS, USAAF), 『坂本中尉機とボーイングB29』-諫早ロータリークラブ卓話(昭和60年7月26日)より-~ 犬尾博治さん(諫早市泉町)の戦争体験, Army Air Force Statistical Digest: World War II byUnited States. ", Toh, Boon Kwan. The interned crews of these four B-29s were allowed to escape into American-occupied Iran in January 1945 but none of the B-29s were returned after Stalin ordered the Tupolev OKB to examine and copy the B-29, and produce a design ready for quantity production as soon as possible. ", "Monday, January 01, 1940 – Saturday, December 31, 1949. An honour retracing steps of WWII veterans as I explored every nook and cranny of this plane! ", "Bombings Worse than Nagasaki and Hiroshima", "Chapter: The Japan to Washington Flight. Doc is a B-29 Superfortress and one of 1,644 manufactured in Wichita during World War II. The B-29's advanced design allowed it to remain in service in various roles throughout the 1950s. A bomber flying at 250 mph at 30,000 feet will curve a bullet approximately 36 feet. Boeing B-17 Flying Fortress ("Flyvende fæstning") er et firemotors tungt bombefly, udviklet i 1930erne for United States Army Air Corps (USAAC). Sie war der größte und leistungsfähigste Bomber des Zweiten Weltkriegs und stand noch in der Anfangsphase des Kalten Krieges im Dienst. [39][40] Air Force planning throughout 1942 and early 1943 continued to have the B-29 deployed initially against Germany, only transferring to the Pacific after the end of the war in Europe. The Boeing B-29 Superfortress is an American four-engine propeller-driven heavy bomber designed by Boeing and flown primarily by the United States during World War II and the Korean War. This problem was not fully cured until the aircraft was fitted with the more powerful Pratt & Whitney R-4360 "Wasp Major" in the B-29D/B-50 program, which arrived too late for World War II. The Boeing C-97 Stratofreighter airlifter, which was first flown in 1944, was followed in 1947 by its commercial airliner variant, the Boeing Model 377 Stratocruiser. In addition to the offensive bombs, it contained 12 .50 caliber M2 defensive guns: Two turrets on top with 4 and 2 MGs, two turrets on the bottom with 2 MGs each, plus 2 MGs in the tail gun position. Perhaps the most famous B-29s were the sixty-five examples of the Silverplate series, which were modified to drop atomic bombs. The attacks succeeded in devastating most large Japanese cities (with the exception of Kyoto and several others), and they gravely damaged Japan's war industries. [79] There are also four complete airframes either in storage or under restoration, eight partial airframes in storage or under restoration, and four known wreck sites. The first B-29 flight to airfields in China (over the Himalayas, or "The Hump") took place on 24 April 1944. On 31 July 1944 Ramp Tramp (serial number 42-6256), of the United States Army Air Force 462nd (Very Heavy) Bomb Group was diverted to Vladivostok, Russia, after an engine failed and the propeller could not be feathered. "Intrusions, Overflights, Shootdowns and Defections During the Cold War and Thereafter". Die Boeing B-29 Superfortress war ein Langstreckenbomber des US-amerikanischen Herstellers Boeing Airplane Company aus den 1940er-Jahren. There were five interconnected sighting stations located in the nose and tail positions and three Plexiglas blisters in the central fuselage. It was also used to develop the Airborne Early Warning program; it was the ancestor of various modern radar picket aircraft. B-29s were primarily used in the Pacific theater during World War II. "Boeing B-29... First of the Superbombers, Part One. Boeing B-29 Superfortress Specifications - The Boeing B-29 Superfortress was at the forefront of American air attacks during World War II. ", "William F. (Bill) Welch — 31st and 91st SRS Recollections. This first-ever cabin pressure system for an Allied production bomber was developed for the B-29 by Garrett AiResearch. Duffy, Paul and A. I. Kandalov. [43] The XX Bomber Command, initially intended to be two combat wings of four groups each, was reduced to a single wing of four groups because of the lack of availability of aircraft, automatically limiting the effectiveness of any attacks from China. [22][23] This prompted an intervention by General Hap Arnold to resolve the problem, with production personnel being sent from the factories to the modification centers to speed availability of sufficient aircraft to equip the first Bomb Groups in what became known as the "Battle of Kansas". Targets were Bangkok's Memorial Bridge and a major power plant. Before World War II, the United States Army Air Corps concluded that the Boeing B-17 Flying Fortress, which would be the Americans' primary strategic bomber during the war, would be inadequate for the Pacific Theater, which required a bomber that could carry a larger payload more than 3,000 miles. By the end of 1943, however, plans had changed, partly due to production delays, and the B-29 was dedicated to the Pacific Theater. Canvas print of The only remaining operational B29 - flying fortress. This resulted in 150 aircraft being modified in the five weeks between 10 March and 15 April 1944. The first B-29 arrived on Saipan on 12 October 1944, and the first combat mission was launched from there on 28 October 1944, with 14 B-29s attacking the Truk atoll. Lewis, Peter M. H., ed. The use of YB-29-BW 41-36393, the so-named Hobo Queen, one of the service test aircraft flown around several British airfields in early 1944, was part of a "disinformation" program from its mention in an American-published Sternenbanner German-language propaganda leaflet from Leap Year Day in 1944, meant to be circulated within the Reich,[63] with the intent to deceive the Germans into believing that the B-29 would be deployed to Europe.[25]. For this first attack on the Japanese capital since the Doolittle Raid in April 1942, 73rd Bomb Wing wing commander Brigadier General Emmett O'Donnell Jr. acted as mission command pilot in B-29 Dauntless Dotty. The Soviets used tail-gunner positions similar to the B-29 in many later bombers and transports. B-29 スーパーフォートレス(Boeing B-29 Superfortress)は、アメリカのボーイングが開発した大型戦略爆撃機 。 [70] In particular, the "Silverplate" modified aircraft of the 509th Composite Group remained the only aircraft capable of delivering the atomic bomb, and so the unit was involved in the Operation Crossroads series of tests, with B-29 Dave's Dream dropping a "Fat Man"-type bomb in Test Able on 1 July 1946.[70]. The aircraft crashed in the foothills of Sikhote-Alin mountain range east of Khabarovsk after the crew bailed out. 145–149. 飛行するB-29A-30-BN 42-94106号機(第472爆撃航空団所属、1945年撮影), B-29 スーパーフォートレス(Boeing B-29 Superfortress)は、アメリカのボーイングが開発した大型戦略爆撃機[2]。, B-29は、中型爆撃機から発展したB-17と異なり、最初から長距離戦略爆撃を想定した設計である。B-29による日本本土空襲は、日本の継戦能力を喪失させる大きな要因となった。, 愛称は「スーパーフォートレス」[3]。戦時中の文献ではスーパーフォートレスという愛称を「.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}超(てう)空の要塞」と説明したものがあり[4]、当時のニュース映像では「超空の要塞(ちょうそらのようさい)」と呼んでもいる[5]。朝日新聞が選定した名称は「ビイ公」(1945年5月12日)[6]。, B-29は専門の航空機関士を置く初めての機体にもなった。B-17までの従来の軍用機は操縦席の計器盤をエンジン関係の計器が埋め尽くしており、パイロットは操縦と共にそれらの計器類を監視しなければならなかったが、B-29ではそれらが全て航空機関士の前に置かれ、パイロットは操縦に専念するなど、飛行機操縦の分業化が図られている[7]。, 従来の飛行機では高空で機内の気圧・気温が低下するため酸素マスクの装備、防寒着の着用が必要だが、B-29は高度9,000 mで高度2,400 m相当の気圧に維持することができた。これはボーイング307の技術を応用し、毎分11.25 ㎏の加圧能力を持つ与圧装置を設置したことによる[8]。爆弾槽を開閉する必要から、B-29では機体前部の操縦室と機体後部の機関砲座を与圧室とし、その間を直径85 cmの管でつなぎ、搭乗員はこの管を通って前後を移動した。被弾に備えて酸素ボンベも設置された。機内冷暖房も完備され、搭乗員は通常の飛行服のみで搭乗していた[9]。撃墜されたB-29乗員の遺体を日本側が回収した際、上半身Tシャツしか着ていない者もいるほど空調は完備されていた。それを知らない日本側は搭乗員に防寒着も支給できないとし、アメリカもまた困窮していると宣伝を行った。機体は軽量ながら強靭な装甲板に覆われて防御力も高かった。日本軍の戦闘機や対空砲火で無数の弾痕や高射砲の破片痕が開き、中にはそれが機体上部から下部に達するような大穴であったり、尾翼の大半が破壊されたりしても、マリアナ諸島の飛行場まで自力で帰還できた。また、このような大きな損傷を受けても修理を経て再出撃できる整備性があった[10]。, 重量はB-17の2倍となったが、翼面積はB-17の131.92m2に対してB-29は159.79m2と21%増に留まり、翼面荷重はB-17の約2倍となった。翼面荷重が増加すると着陸時の速度が高速となってしまうが、フラップを長さ10mの巨大なものにすることにより、着陸速度を減少させるだけでなく離陸時の揚力も増加させている。そのためにB-29の主翼は縦横比(アスペクト比)が大きな、細長く空気抵抗の少ない形状となった。垂直安定板の前縁にはアンチ・アイス(防氷装置)も設置された[11]。空気抵抗を局限まで減少させるため沈頭鋲(鋲の頭を平らにして表面に凹凸がないようにしたもの)を使用したり、繋ぎ目を重ね合わせないで溶接した[8]。, B-29はライト社が開発した強力な新型エンジン、ライト R-3350を4発搭載していた。R-3350は空冷星型9気筒を副列化した二重星型18気筒で、2基のゼネラル・エレクトリック社製B-11排気タービン過給器が装着されており、ミネアポリス・ハネウェル・レギュレータ社製の電子装置で自動制御され、高度10,000 mまで巡航時で最大2,000馬力の出力を維持できた[12]。(離昇出力は2,200馬力)しかし、先進的な設計により、エンジンは過熱しやすくよくエンジン火災を起こすことになった。特に軽量化のために多用されたマグネシウム合金の可燃性が強いため、重篤な火災となることも多かった。試作第一号機のXB-29-BOもエンジン火災により墜落している[13]。当初はその信頼性の低さから、ライト(Wright)エンジンはロング(Wrong = 誤りだらけの意味)エンジンと呼ばれたり、火炎放射器などと揶揄されたが、のちに、シリンダー・バッフル(整流用のバッフル板)とカウル・フラップの設計変更により過熱をかなり低減させている[12]。運用当初はR-3350の交換時期を飛行時間にして200時間から250時間に設定していた。これは平均15回の出撃に相当したが、エンジンの冷却性能向上により750時間まで延長することができた。エンジン交換は熟練した整備兵により5時間30分で完了し、取り外したエンジンは本国に送り返されてオーバーホールされた。インドやマリアナ諸島の前線基地に飛行する際に、爆弾槽に1個の予備エンジンを搭載した[14]。, 耐久時間は延長されたが、エンジン発火の問題は最終的な解決までには至らず、第869爆撃団のH.W.ダグラスによれば「エンジンの火災は、大問題だった。マグネシュウム合金部分が燃え出すと、もう手が付けられなかった。ある夜、私の機はプラットで訓練中に、衝突でエンジン火災を起こした。消防車が到着して、ありったけの消火液をかけたが、炎の勢いはちっとも弱まらなかった。」と回想している。B-29クルーの間ではエンジンが発火した場合「30秒以内には、火が消えるか、自分が消える!」という言い伝えがあったという[15]。太平洋戦争が終了し、基地のあるサイパン島から本土に向けて帰還するときも、1機が離陸直後にエンジン火災で墜落したほどであった[16]。, 試作1号機の墜落から1944年9月までの試験飛行で合計19回のエンジン故障による事故が発生するなど、信頼性が抜群とまでは言えないR-3350であったが[17]、B-17と比較すると戦闘重量で2倍の約44,100 ㎏の巨体を、B-17より30 %増の速度で飛行させる出力を発揮し、最高速度で570 km/h、巡航速度で467 km/hという戦闘機並みの高速で飛行させることが可能となった[18]。機動性も極めて高く、試験飛行から日本への爆撃任務まで経験したパイロット、チャールズ.B.ホークスによれば、水平での加速や急降下速度でも戦闘機に匹敵したといい、アクロバット飛行も可能であったという。試作機が一緒に飛行していたF6Fヘルキャットの前で急上昇ののち宙返りをしてヘルキャットのパイロットを驚かせたこともあった[19]。そしてこの出力は排気タービン過給器により高度10,000 mでも変わりはなく、高高度での飛行性能に劣る日本軍機の迎撃を困難にさせた[20]。, B-29には、当時のアメリカの最先端の電子装備が配備され、航法や爆撃任務に最大限活用された。初期型では、長距離航法としてAN/APN-4LORANが用いられ、のちにAPN-9が装備された。高高度爆撃と飛行に使用されたレーダーはAN/APO-13であり、80センチのアンテナは2つの爆弾倉の間に設けられた半球状のレーダー・ドーム内に設置され夜間爆撃用に使用される。一部の機体に設置されたより高度なAN/APO-7「イーグル」爆撃照準・航法用レーダーは、機体下部に吊り下げられた翼状のケースに収納された[21]。SCR-718レーダー高度計は爆撃のための詳細な高度測定と地形マッピングに使用された。またその計測データは偏流計のデータと合わされて、対地速度と針路を計算するのにも使用された[22]。, B-29では与圧室の採用により通常の爆撃機のように人が乗り込んで直接操作する方式の銃座は設置できないため、射手が集中火器管制を行って機銃を遠隔操作する方式をとった。B-29は5ヵ所(胴体上面の前後部、下面の前後部、尾部)に火器を備え、上部および下部銃塔には連装のAN-M2 12.7ミリ機関銃、尾部には同様のAN-M2 12.7ミリ連装機関銃に加えてM1 20ミリ機関砲 1門が装備された。 During 1944 and 1945 four B-29s made emergency landings in Soviet territory after bombing raids on Japanese Manchuria and Japan. A few were used as flying television transmitters by the Stratovision company. Some facilities lacked hangars capable of housing the giant B-29, requiring outdoor work in freezing cold weather, further delaying necessary modification. The Joint Chiefs of Staff agreed in December 1943 to seize the Marianas. Tupolev: The Man and his Aircraft. Sources do not report from where they launched and vary as to the numbers involved—77, 98, and 114 being claimed.

Dremel Cutting Wheel Attachment, Sakit English Version, Route 13 Black 2, Check If Two Strings Are Anagrams C, Can We Go To Heaven With Piercings, Morrowind Nightblade Build, Which Is Your Uni, Moy's Menu St Clair Shores, 800 Degrees Pizza, Gas Welding Techniques, Springfield Up Watch Online,
View all

Cupid's Sweetheart

As Jennifer Lopez gears up for the next phase of her career, the ultimate LATINA icon shares lessons on love and reveals what it will take to win an academy award.

View all sports

Paterno

He’s 82. Has the career-wins record. Isn’t it time to quit? Bite your tongue. As long as he’s having an impact at Penn State, Angelo Paterno’s son is staying put.

View all environment

Powering a Green Planet

Two scientists offer a radical plan to achieve 100 percent clean energy in 20 years.

View all music

Hungry Like a Wolf

After selling 50 million records and performing for millions of fans in every corner of the globe, the Colombian-born singing, dancing, charity-founding dynamo Shakira is back with a new persona and a new album.

View all art

The Life Underground

Deep below New York City’s bustling streets lies a dangerous world inhabited by “sandhogs.” Photographer Gina LeVay offers a portal into their domain.

Nov.02.09 | Comments (7)
After months of anticipation, insidebitcoins.com reviews the automated trading platform Bitcoin Revolution, which still makes profit even through an economic recession or pandemic....Try out the robot here now....

Dec.02.09 | Comments (0)
Viewers tuned in to Monday night's episode of “Gossip Girl” might have no ...

Nov.16.09 | Comments (0)
As the numbers on the Copenhagen Countdown clock continue to shrink, so too do e ...

Get the latest look at the people, ideas and events that are shaping America. Sign up for the FREE FLYP newsletter.